三十三間堂

さんじゅうさんげんどう

 
三十三間堂
 

本堂の内陣の柱間が三十三あるために三十三間堂と呼ばれていますが、正式には蓮華王院という名の天台宗の寺院です。
長大な堂内をびっしりと埋め尽くすようにして立つ千手観音像が見どころです。

三十三間堂
 
京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
075-525-0033
8:00〜17:00
無休
京阪「七条駅」徒歩3分