正伝寺

しょうでんじ

 

西賀茂にあるお寺で正式名称は「正伝護国禅寺」
7・5・3に配されたつつじの刈り込みが基調で珍しく、「獅子の子渡し」とも呼ばれいます。

現在の本堂は承応2年(1652年)に伏見城から移築されたもので、ここに移設された血天井から武将たちの壮絶な最期を窺い知ることができます。慶長5年(1600年)に起こった関ヶ原の戦いの火蓋を切った伏見城。圧倒的な兵力差の前に篭城するも2週間で落城、武将たちは自決して果て、城内は凄惨な血の海となりました。後に供養のため伏見城の床をいつくかの場所に移設されました。そのひとつのお寺が「正伝寺」です。

京都府京都市北区西賀茂北鎮守庵町72
075-491-3259
9:00〜17:00
無休
市バス「神光院前」下車、西へ徒歩15分