狸谷山不動院

たぬきだにさんふどういん

 

「タヌキダニのお不動さん」の名で知られている『狸谷山不動院』は一乗寺駅から東に15分程の場所に位置します。


杉や桧が生い茂る険しい山は、修験者の修練の場真言宗の山寺で、平安時代にいわれをもち、本尊の不動明王は鎌倉時代に洞窟に安置されたそうです。本殿は、本尊の安置された洞窟に合わせて造られたそうで、山の斜面にせり出すように建っています。
交通安全・厄除け祈願で知られています。

参道も険しく、本殿から瓜生山までの山道は狸谷山奥の院三十六童子の巡拝路で、急な勾配が続きます。山頂までは550m。本殿近くに宮本武蔵が不動心(心の剣)を会得したといわれる武蔵之滝があり、吉岡一門が詰める一乗下り松まで駆け下りたのもこの山からということです。

京都府京都市左京区一乗寺松原町6
075-722-0025
9:00〜16:00
無休
市バス『一乗寺下り松町』下車徒歩5分